【有機JAS指定講習会】1月講習会開催のご案内

  • 2017.11.20 Monday
  • 16:48

 

11月の講習会は終了しました。受講された方お疲れ様でした。

 

さて、次回は新年2018年1月に

下記のスケジュールにて講習会を開催いたします。

 

       【神戸会場】 1月17日(水)

 

有機認証に興味のある方、これから有機JAS認証を受けようと

する事業者の方は講習会を受講し、資格を取得してください。

 

対象:   有機JAS申請を初めて申請される方

       加工の生産行程管理責任者・格付担当者

       小分け業者の小分け責任者・格付表示担当者

       輸入業者の受入保管責任者・格付表示担当者

 

場所:    兵庫県民会館  らん室(7階) 10時〜17時

       〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-16-3

       JR・阪神「元町駅」/ 市営地下鉄「県庁前駅」

       http://www.hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm

 

講習料:   お一人 10.000円(税、資料代込み 昼食はご用意していません)

         *当日会場にてお支払いください。

 

 

     *講習会申込書は下記よりダウンロードしてFAXにて申請してください。

       http://www.organic-cert.or.jp/pdf/org_jas_seminar_fax.pdf

 

 

         

      【広島会場】 1月23日(火)フォローアップ講習会

 

       *今回は「有機農業で使用する資材について」

        テーマに開催いたします。

 

対象:   すでに講習会を受講された方
 
場所:   東広島市高屋西地域センター・研修室3 13時〜17時

      (敷地内に無料駐車場あり)
            〒739-2102 東広島市高屋町杵原1316−1
             (市役所高屋支所西隣、スーパー「ショージ」南隣)
        電話・FAX 082-434-0245 

 

講習料:    お一人 6,000円
            (税・資料代・講師旅費負担金込 昼食はご用意していません)
              *当日会場にてお支払いください

 

   

*フォローアップ講習会申込書は下記よりダウンロードしてFAXにて申請してください。  

    http://www.organic-cert.or.jp/pdf/org_jas_followup_fax.pdf
 

 

 

*最少催行人数に満たない場合は開催を中止することがあります。

 

*詳しくはホームページをご覧ください。

  http://organic-cert.or.jp/event.html

 

 

問合せ: TEL 078-366-5128      FAX 078-366-5129


 

【有機JAS指定講習会】2月フォローアップ講習会開催のご案内

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 10:37

 

フォローアップ講習会の日程が決まりましたのでお知らせします、

 

今回は「有機農業で使用できる資材について」を

テーマに開催します。

 

 

日時:    2018年 2月14日(水) 13時〜17時

 

場所:    兵庫県民会館  1202号室 

       〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-16-3

       JR・阪神「元町駅」/ 市営地下鉄「県庁前駅」

       http://www.hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm

 

 

*詳細は追ってお知らせいたします、

 

【お知らせ】有機農産物JAS規格別表等への適合性評価済み資材リストの更新

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 17:14

 

11月に入り一雨ごとに冬に近づいて寒くなってきますね。

 

さて、有機JAS資材評価協議会の 有機農産物JAS規格別表等への

適合性評価済み資材リストが更新されましたのでお知らせいたします。

 

 

詳細は http://www.yuhyokyo.com/list/

又は当センターにお問い合わせください

 

【情報提供】凝集促進材が使用された動物の排せつ物を原料とする肥料を特殊肥料として取扱うこととなりました

  • 2017.10.30 Monday
  • 15:48

 

いままで、動物の排泄物に凝集促進剤を混合した肥料については「普通肥料」として

扱われていましたが、このたび特定の凝集促進剤(※)が使用されたものに関しては

「特殊肥料」として扱う旨の告示の改正が行われました(平成29年10月16日)

 

特定の凝集促進剤とは…

一 ポリアクリルアミド系高分子凝集促進材

 二 ポリアクリル酸ナトリウム系高分子凝集促進材

 三 ポリアクリル酸エステル系高分子凝集促進材

 四 ポリメタクリル酸エステル系高分子凝集促進材

 五 ポリアミジン系高分子凝集促進材

 六 アルミニウム系無機凝集促進材

 七 鉄系無機凝集促進材

 

肥料取締法上、上記一から七の凝集促進剤の使用については、表示されることには

なっておりません。そのため、今後、動物の排泄物を使用した堆肥(特殊肥料)に

化学的に合成された凝集剤(上記一から七)が使用されている可能性がありますが、

肥料取締法上の表示で確認することができません。

 

動物の排泄物を使用した資材に関しては、これまで以上に原料・材料及び製造工程

確認する必要が出てきます。つきましては、「資材証明書」をメーカー等から取り寄せて

いただき、登録認定機関の確認を求められるようにお願いいたします。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM